着こなしのコツ

ひとつのコーディネートの中に、ブランド品はひとつかふたつ。
これがあかぬけた印象つくるポイントです。
バッグとベルトをエルメスでまとめて、他はシンプルに徹する、あるいは、シャネルスーツのように、一目見てそれとわかるインパクトのある服には、あえてシンプルな靴とバッグを合わせる、というように。

別のブランドのものを組み合わせるなら、テイストが同じで、しかもブランドマークがおもてに出ていないデザインのものを選ぶようにしましょう。
各ブランドには、シリーズによってブランド名がおもてに出ていないものがあるのです。
全面ブランドマークのバッグもけっこうですが、こういった大人のちょっと雰囲気を持ったものも素敵です。

最近買ったサングラス。完全な衝動買いですが、フレームのデザインがおしゃれで、とても気に入っています。
実はこのサングラス、値段はわずか1000円でした。
でも、これが黒のケリーバッグにピタリと合うのです。
高級品には高級品しか似合わない、という固定観念は捨ててください。まずは自分のセンスを信じて、いろいろな組み合わせに挑戦することから始めたいものです。

そこにルールがあるとすれば、安物だけどちょっと面白いものは、たくさんは使わないことです。
1000円のサングラスに、イミテーションのアクセサリーに、おもちゃの時計に・・・では遊びすぎです。
1000円のサングラスで遊ぶなら、ノーブランドでも仕立てのよいシャツにするとか、アクセサリーは本物にするなど、メリハリ、強弱をつけること。

コメントを残す