中高年のペニスの元気のなさは核酸の不足だった

核酸はそもそも私たちの体内に存在しているものではないのでしょうか。
そうであるならば、ことさらに核酸のあるなしを心配する必要はなく、黙ってアミノ酸を摂取していれば、勝手にタンパク質を合成してくれることになるはずです。
確かに古い栄養学では核酸は生体内で作られるものとして、あまり重要視されてきませんでした。
しかし、最近の研究で、それは大きな間違いだということがわかっています。
そもそも私たちの身体の各細胞は、常に新陳代謝を繰り返し、約200日で全身の細胞が新しく生まれ変わっています。
その新陳代謝の時に、同時にたくさんの核酸も消費されているのです。
しかし、核酸が消費されたままでは、新しい細胞も生まれなくなってしまいます。つまり、どこかで核酸を合成させなければ、新陳代謝ができないのです。
実は消費された核酸は肝臓で生合成(デノボ合成)されるか、食品中の核酸から再合成(サルベージ合成)する形でしっかりと補われていたのでした。
しかし、年を取るにつれて肝機能は衰えてきます。人間の場杏、肝機能の衰えは20歳を過ぎたあたりですでに始まります。当然、勃起もしにくくなったり、ペニスも短くなったりすることもありえます。
ということは、それと同時に肝臓での核酸生合成機能も衰えていくということです。
したがって、私たちは中高年になればなるほど、食品などにより外部からの核酸補給を心がけなければならないのです。
このことは各種の動物実験でも証明されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です