ゼファルリン通販でチンコを増大

1.精力剤系サプリメントを何種類も摂るのは面倒だ

以上述べてきたように栄養学的に検証してきますと、アルギニンを含む必須アミノ酸と核酸、それに亜鉛を摂ることで精力が増強されるということになります。それはつまり、アルギニンを含む必須アミノ酸がバランス良く入っているスッポンやマムシなどを食べ、それと同時に核酸食である鮭の白子やビール酵母、亜鉛が豊富に含まれている貝類のカキなどを食べていれば、私たちの精力も復活し、ペニスの大きさなどもシトルリンを摂取することで効果抜群です。しかし、そのようなメニューを日々の食生活の中で頻繁に食することは、なかなかできるものではありませんし、何より味に飽きがきてしまいます。
また、それぞれの有効成分を摂取するためには、かなりの量を食べなければならず、あまり効果的とはいえません。
そこで考えられるのが、これらのエキスを抽出したものであるペニス増大サプリメントなどを服用すればいいのではないかということです。
実際に、スッポンやマムシのエキス、Lーシトルリン、鮭の白子のエキス、ビール酵母錠剤、カキ肉エキスなどが市販されています。しかし、これらを別々に購入して服用するというのも非経済的で、また何種類ものサプリメントを摂るというのは、非常に面倒なことです。
できれば、これらが一つになったものが理想なのですが、なかなかそのような商品にはお目にかかれませんでした。精力剤系の商品で多種の強壮原料を使用しているものは、多々ありますが、核酸やミネラルなどで欠けている成分があったりして、なかなか「これだ」というものがなかったのです。

2.亜鉛が睾丸や前立腺での精液生産に必要不可欠

精子や精液が睾丸や前立腺で作られる時には亜鉛が必要で、このことは様々な臨床実験でも証明されています。
アメリカのデトロイトで行われた実験では、5人の健康な男性に1日わずか1ミリグラムの亜鉛を不足させた食事を続けさせたところ、6カ月目で5人の男性すべてがインポテンツを訴え、しかも3人は精子に数が激減したという結果が報告されています。
このように、亜鉛はわずかに欠乏してもインポテンツになるほど、精力にとって重要であり、それゆえセックスミネラルというれるほどなのです。
ところが、亜鉛は心身にストレスを受けただけでも損失してしまいます。また、喫煙や飲酒、特に男性の場合は1回の射精で0.6ミリグラムもの亜鉛を失ってしまうのです。
したがって、亜鉛が不足しないように日頃から気を付ける必要があるのですが、亜鉛が含まれている食品というのは、それほど多くありません。代表的なものとして、貝類のカキ、魚のイワシ、ニシン、海藻、無精製の穀物、小麦麦芽、カボチャやヒマワリの種、羊肉など、どちらかといえば普段食べる機会の少ないものばかりです。
また、食品添加物として加工食品に使われているポリリン酸やフィチン酸といった物質は亜鉛を体内から奪ってしまいます。
つまり、現代の食生活では私たちは知らず知らずのうちに亜鉛不足を招いているようなのです。
ですから、精力を維持し増強するためにも、ぜひとも亜鉛を意識して多く摂る必要があるのです。

3.アルギニンは精力や男性器の元気の源である

核酸食として紹介した鮭の白子はそれ単独でも精力やペニス増大に効果があるということも報告されています。
白子の成分を調べてみると、「セックスのアミノ酸」といわれているアルギニンが豊富に含まれていると同時に、核酸成分であるアデノシンという物質に末梢血管拡張作用があることが分かったためです。
このアデノシンの作用によって、ペニス内の末梢血管を拡張して勃起力を高めることになり、アルギニンの効果と相まって否が応でも性欲が高まったり、でペニスサイズがアップするようになるのです。
精力を増強せるためには、アルギニンを含んだ必須アミノ酸すべてをバランスよく摂り入れ、それと同時に核酸食も充分に摂れば、かなりの効果があるということがいえるでしょう。
しかし、これらのペニス増大作用や、精力増強作用をより確かなものにするために、欠かすことのできない重要な成分があります。
実は核酸を再合成したり、タンパク質を合成させるために、さらにある種の酵素が必要なのです。
それらの酵素が触媒となって、細胞分裂を促進し、新陳代謝を促すからです。
そして、その酵素の成分となっているのが亜鉛です。亜鉛はなんと200種類以上の酵素の主成分となっているのです。
つまり、アミノ酸や核酸が揃っていても、亜鉛が不足すると、各細胞
の新陳代謝が滞ってしまうということにもなり得るのです。
それはまた、老化現象を促進するということに他なりません。特に新陳代謝が盛んに行われている生殖器官は、亜鉛が不足すると、その影響をもろに受けることになります。
本当に効果のある精力剤は!?ペニス増大サプリ比較MAX
4.性欲及び男性器増大にとってなくてはならない両輪であるアミノ酸と核酸

DNAやRNAが体内に入った時に、あまりにも分解されてしまうと、核酸を再合成するときの原料として用をなさなくなってしまうことがあります。
その点、鮭の白子や酵母などといった高分子の核酸は、体内に入っても最後まで分解されることなく各細胞に運ばれ、しかし、鮭そのものの遺伝情報は分解されて消滅している、その人固有の核酸を再合成する原料になっていくわけです。
そして、このように高分子の核酸食を摂り入れたことによって再合成された核酸は、各種アミノ酸を良質のタンパク質に合成して、新しい細胞を作っていきます。このことは、それだけ細胞の新陳代謝が活性化されるということにほかなりません。
各細胞の新陳代謝が盛んになれば、各組織や器官がいつまでも若々しいままでいられるということです。
特に、精力や短小ペニスに関していうならば、男性生殖器などは他の器官に比べて新陳代謝が盛んに行われているところですから、当然、核酸を多量に消費します。
そこで核酸食を充分に摂ることで、消費してしまった核酸を再合成することができ、生殖器の新陳代謝が活発になり、その結果、性的機能も高まり、精力もペニスも増強・増大するということになるのです。
つまり、先に述べましたが、良質のタンパク質がいかに私たちのペニス増大や精力を増強させてくれるかについても、その効能は必須アミノ酸の他に、それらをタンパク質に合成する核酸があってこそなのです。バリテイン
性欲及び男性器増大にとっては、必須アミノ酸と核酸はなくてはならない両輪だということがいえるでしょう。

5.酵母の中には老化を防ぐ役割とペニス増大の効果がある

生の鮭白子は、最も核酸が多いとされていたイワシの20倍もの核酸が含まれているという驚くべき事実がわかりました。しかし、白子を直接食べるといっても、非常に腐りやすく、また、最近では金額が高価になったこともあり、滅多に口にすることができません。
そこで鮭の白子のエキスを抽出し、粉状にしたものが開発されています。
また、酵母とは発酵食品を作るときなどに用いられる菌のことですが、これもまた食物の中で核酸が最も多く含まれていることがわかりました。
特に、ビール工場で使われている生のビール酵母が注目されています。
ビール酵母の約70%は水分ですが、それを精製乾燥させたエキス粉末には、なんとイワシの93倍もの高い割合でRNAが含まれていて、これを長年にわたってボケた傾向のあるお年寄りに投与したところ、ボケ症状の緩和とペニスが増大したという報告もされているのです。短小の男には朗報です。
しかし、ここで一つ素朴な疑問があるのですが、鮭の白子にDNAが豊富に含まれていることは分かりましたが、その場合のDNAとは鮭の遺伝子に他なりません。
そんなものを人間の体内に摂り入れたら、私たちが鮭になってしまうようなことにはならないのでしょうか。
調べてみると、その心配はまったくないということが分かりました。
というのも、食品中のDNAやRNAは、私たちの体内に入ると酵素によって分解されて、それが本来もっていた遺伝子情報は消滅してしまうのです。
ですから、どんなに魚を食べても私たち人間は魚になることはなく、どんなに牛肉を食べても牛になることはないのです。